【18位】 『白痴』 フョードル・M・ドストエフスキー 1868年刊行


高貴な人間は道化の姿をしている―ロシア社会の混沌の中にあらわれた純粋で無垢な主人公ムイシュキン公爵は、すべての人々に愛される。悲劇の翳を宿した美女ナスターシヤにも、清純な令嬢アグラーヤにも、粗暴な野心家ラゴージンにも。しかし…。 (Amazon)