【22位】 『嘔吐』 ジャン=ポール・サルトル 1938年刊行


サルトルの精神形成を知るうえで欠かすことのできない「実存主義の聖書」であり、また実存主義思潮の熱い季節が去った後も、人生とは何かを真正面から純粋に追求した類稀な小説。実存と不条理を描く現代文学の古典。 (Amazon)