【73位】 『大いなる遺産』 チャールズ・ディケンズ 1861年刊行


クリスマス・イヴの晩、ピップは、荒涼とした墓場で脱獄囚に出くわし、脅され、足枷を切るためのヤスリと食料を持っていく。その恐ろしい経験は記憶に深く刻み込まれるが、その出会いが彼の運命を大きく変えることになろうとは、誰が予想しただろうか。そして奇妙な夫人のもとで暮らす美しいエステラとの不思議な関係。ピップは数奇な人生を歩み始める。(Amazon)