【75位】 『緋文字』 ナサニエル・ホーソーン 1850年刊行


胸に赤いAの文字を付け、罪の子を抱いて処刑のさらし台に立つ女。悔悛を説く青年牧師の苦悩…。厳格な規律に縛られた十七世紀ボストンの清教徒社会に起こった姦通事件を題材として、人間心理の陰翳に鋭いメスを入れながら、自由とは、罪とは何かを追求した傑作。(Amazon)