【70位】 『ブライヅヘッドふたたび』 イーヴリン・ウォー 1945年刊行


舞台は一九二四年、オックスフォード大学。勉強熱心で真面目なチャールスは美しく奔放な青年貴族セバスチャンと出会い、その魅力にひきつけられていった。二人の間にはすぐに友情が生まれ、チャールスはセバスチャンの家族が住むブライヅヘッドの城を訪ね、その華やかな世界の抗しがたい魔力にとらわれてゆく。一方、セバスチャンは酒浸りの乱れた生活に溺れてゆき、やがて倒錯した愛に溺れはじめる…。(Amazon)