【三大悲劇・四大悲劇 1】 『ハムレット』 ウィリアム・シェイクスピア 1600年刊行


デンマークの王子ハムレットは、父王の亡霊から、叔父と母の計略により殺されたことを知らされ、固い復讐を誓った。悩み苦しみながらも、狂気を装い、ついに復讐を遂げるが自らも毒刃に倒れる。美しい恋人オフィーリアは、彼の変貌に狂死する。数々の名セリフを残したシェイクスピア悲劇の最高傑作。(Amazon)

「四大悲劇」とは、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)の戯曲中、悲劇として名高いもの。「三大悲劇」といった場合は『オセロー』を除く。